women

自律神経失調症でイライラ不安が止まらない【しっかり予防で健康に】

ストレスには要注意

原因は

医者

自律神経失調症を患っている患者さんの大半のこの病気の原因は「ストレス」であると言われています。それ以外にもアルコールの摂取であったり、生活リズムの乱れなどもこの病気の原因になります。この病気を患うと、急にめまいや動悸がしたり、頭痛や吐き気といった身体的な症状に加え、情緒不安定などといった精神的な症状を引き起こします。ちなみに、過敏性腸症候群もこの病気の症状のうちの1つです。ですが、この自律神経失調症の症状である情緒不安定に関しては、症状というよりも原因として見ることが多いのですが、ストレスによって身体に異常が起こることによって、そのストレスがさらに悪化して情緒不安定な状態を引き起こしていると考えると良いでしょう。

治療に関しては

自律神経失調症の治療に関しては、どのように行うのでしょうか。これに関しては生活習慣が原因である場合に関しては、その生活習慣の乱れをただすことによって、これらの症状の治療になることがあります。また、ストレスが原因である物に関しては、抗不安薬などといった薬物治療を行うことが多いです。ですが、これらの薬に関しては、身体に影響のある副作用のあるものが多く、それによって悪化してしまうことも多いので、行動療法を推奨する医師が多いです。行動療法に関しては、ストレス以外の原因同様、身体に不調をきたす原因となるものをただし、それに加えて、ストレスを発散したり、カウンセリングを行うことで、自律神経失調症の症状を改善させます。