women

自律神経失調症でイライラ不安が止まらない【しっかり予防で健康に】

神経が変調する病気

原因不明の身体の異変

医者

自律神経失調症という言葉はいろいろな場所でよく聞かれますが、実は必ずしも特定の疾患としてカテゴライズされているわけではありません。むしろ神経系の疾患のうち原因がはっきりしないもの全般に係る総称というった方がふさわしいものです。自律神経とは本人の意思等に関係なくそれ自体が独立して活動している神経系のことで、たとえば食べ物を口に入れると唾液を分泌するとか、眠っている間にも休まず呼吸を続けるといった働きをつかさどっています。この自律神経のバランスが何らかの事情で崩れてしまった状態が自律神経失調症です。脳や内臓、筋肉など他の身体組織には何の異常も認められないにもかかわらず、心身に変調をきたすのというのが典型的な症状です。

ストレスが大いに関係

自律神経失調症の症状をより具体的に言うと、めまい・耳鳴り・動悸・吐き気・悪寒・頭痛・不眠などが挙げられます。いずれも他の原因なしに、つまり緊張するようなできごとは何も起きていないのに動悸がする、気温が高いのにもかかわらずさむけがするといった発症パターンを呈するのが特徴です。自律神経失調症が起こる要因としてはストレス、生活習慣の乱れ、飲酒などさまざまな要素が関連しているものと考えられています。また女性にあっては更年期におけるホルモンバランスの乱れが関係しているとも考えられています。そのため治療もそれぞれ推定される要因に応じて行動療法や抗不安薬・ホルモン剤の投与などケースバイケースで対応しているのが現状です。また症状を訴える人の多くに社会的・心理的ストレスを抱えているケースが見られることから、生活環境を見直すことも改善につながると考えられています。