women

自律神経失調症でイライラ不安が止まらない【しっかり予防で健康に】

ストレスのない生活

women

人が快適に過ごすには自律神経の影響がとても大きいと言えるのですが、万が一その部分が傷つきますと自律神経失調症を起こすとして注意が必要です。 自律神経はストレスに弱いとして、普段の生活に工夫がいるようになります。

詳しくはコチラ

ストレスには要注意

医者

自律神経失調症の原因の大半はストレスであると言われています。それ以外にも生活リズムの乱れなどといった原因があります。治療に関しては心療内科にて、その自律神経失調症の原因となるストレスや生活リズムの乱れを無くすことが最善の策であると言われています。

詳しくはコチラ

神経が変調する病気

医者

自律神経失調症とは自律神経の働きに乱れが生じて原因不明のめまいや頭痛、動悸などが起こる症状のことをいいます。ストレスや生活習慣などが関わっていると見られるため、専門医の診療に加えて日々の暮らしを見直すことで改善を目指します。

詳しくはコチラ

複数の症状が重なる病気

交感神経と副交感神経

women

自律神経失調症という病気をご存知ですか。イライラといった精神的な症状や体の痛みなどの症状はあるが、病院で検査をしても悪い所が見つからない場合は自律神経失調症を疑ってみましょう。自律神経失調症は誰にでも起きる可能性がありますので、みていきましょう。まず、自律神経について説明します。自律神経とは体温調節や心臓の働き、ホルモンの分泌、感情表現等に深く関わる神経です。体温が高くなると汗が出たり、心臓を動かしたりしているのも自律神経の働きによるものです。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。私達が日中の間活動している時には交感神経が働いています。そして、眠ったり休憩している時に働いているのが副交感神経です。2つの神経は交互に入れ替わりながら私達の身体を動かしているのです。

2つの神経の乱れで起きる

交感神経と副交感神経が交互に入れ替わって体が順調に動いていますが、この2つの神経の動きのバランスが乱れることがあります。乱れる原因としてストレスやホルモンの分泌、生活習慣の乱れ等があります。イライラや憂うつや感情的になるといった精神的な症状や頭痛や動悸、不眠など現れる症状は個人差があります。腹痛や下痢などの消化器系の異常を感じる場合もあります。自律神経失調症の治療は、現在出ている症状を抑える薬の処方、カウンセリングなど個人の症状に合った方法がとられます。体の異常が続いたらまず病院で診察を受けるようにしましょう。内科で内臓などに異常が見つからない場合は、心療内科や精神科を受診することになります。我慢しないで早めに治療を受けるようにしましょう。